Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2006 F1 = 2019 U2 (Kowalski)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2019-11-12 1:39
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2023
オンライン
Comet P/2006 F1 = 2019 U2 (Kowalski)

P/2006 F1 (IAUC 8690, 8696を参照)が、10月7日、22日と24日UT、La PalmaにあるTacanade天文台
の0.5-m f/2.9 アストログラフによる観測と、R. Werykによる2018年8月6日とY. Ramanjoolooによ
って、Haleakalaにある1.8-m Pan-STARRS1望遠鏡で得た観測で確認された。
とはいえ、WerykとRamanjoolooは、観測した時にP/2006 F1に属する観測と確認したけれど、それら
は内部のPan-STARRS符号により小惑星センターへ送付(標準的なPan-STARRSの慣例に従って)された。
G. V. Williamsは、その時Pan-STARRS1 MPCデータの中でこの彗星を確認した。
Werykは、2018年8月6.5日UTに得た、4枚の45秒i-バンド画像から、p.a. 240°に向かって約5"の尾が
見える。1".4のシーイングで、この彗星の頭部のFWHM(半値全幅)は1".6 であったと記した。
Werykは、10月25.4日に得た4枚の45秒w-バンド画像では、間違いなく彗星の特徴が見えると加えた。
西に向かって5"の尾があり、FWHM、約1".8 (シーイングは約1".3であったが、画質は貧弱)であった 。
NK 2850とICQ Comet Handbook 2019の中野主一氏の予報に対するDelta(T)は、-0.05 dayであった。
MPC 94677のG. V. Williamsの予報に対するDelta(T)は、-0.06 dayであった。

検出位置は次のとおり、

     2018 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Aug.  6.48492   22 32 46.96   -21 11 55.0   20.5   Pan-STARRS1
           6.49682   22 32 46.62   -21 12 00.2   20.5     "
           6.50873   22 32 46.30   -21 12 05.3   20.4     "
           6.52067   22 32 45.96   -21 12 10.4   20.3     "

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Oct.  7.03531    1 52 00.34   -16 35 24.5   20.1   Hills
           7.04935    1 51 59.94   -16 35 27.8   20.1     "
          22.01332    1 43 49.46   -17 31 17.5   20.3     "
          22.02734    1 43 49.22   -17 31 18.4   20.3     "
          24.94052    1 42 12.04   -17 38 31.8   20.3     "
          24.94520    1 42 11.97   -17 38 33.5   20.3     "
          24.94986    1 42 11.80   -17 38 34.6   20.3     "
          25.35058    1 41 58.53   -17 39 27.9   21.5   Pan-STARRS1
          25.36079    1 41 58.20   -17 39 29.2   21.4     "
          25.37102    1 41 57.84   -17 39 30.5   21.4     "
          25.38125    1 41 57.49   -17 39 32.0   21.3     "

MPCの連結軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2006 F1 (Kowalski)                                                        
Epoch 2008 Feb. 24.0 TT = JDT 2454520.5                                         
T 2008 Feb. 19.90367 TT                                 Williams                
q   4.1194041            (2000.0)            P               Q                  
n   0.09719118     Peri.  186.87433     +0.65765274     +0.69185814             
a   4.6850922      Node   124.75825     -0.67273813     +0.71741772             
e   0.1207422      Incl.   21.27014     -0.33899303     -0.08151157             
P  10.1                                                                         
From 209 observations 2005 May 10-2019 Oct. 25, mean residual 0".7.             
                                                                                
    P/2006 F1 (Kowalski)                                                        
Epoch 2018 Mar. 23.0 TT = JDT 2458200.5                                         
T 2018 Mar. 14.83157 TT                                 Williams                
q   4.1082273            (2000.0)            P               Q                  
n   0.09767175     Peri.  186.15394     +0.64875490     +0.70013357             
a   4.6697118      Node   124.74758     -0.68181230     +0.70881545             
e   0.1202397      Incl.   21.28042     -0.33800748     -0.08598629             
P  10.1                                                                         
From 209 observations 2005 May 10-2019 Oct. 25, mean residual 0".7.             
                                                                                
    P/2006 F1 (Kowalski)                                                        
Epoch 2028 Apr. 19.0 TT = JDT 2461880.5                                         
T 2028 May 6.04631 TT                                   Williams                
q   4.1402888            (2000.0)            P               Q                  
n   0.09674994     Peri.  186.34634     +0.65060519     +0.69853689             
a   4.6993261      Node   124.70862     -0.67984544     +0.71056497             
e   0.1189612      Incl.   21.24846     -0.33841256     -0.08451998             
P  10.2                                                                         
From 209 observations 2005 May 10-2019 Oct. 25.                                 
                                                                                
    P/2006 F1 (Kowalski)                                                        
Epoch 2019 Apr. 27.0 TT = JDT 2458600.5                                         
T 2018 Mar. 16.15359 TT                                 Williams                
q   4.1086755            (2000.0)            P               Q                  
n   0.09759450     Peri.  186.32245     +0.65072907     +0.69830926             
a   4.6721757      Node   124.74122     -0.67979218     +0.71073554             
e   0.1206077      Incl.   21.27692     -0.33828135     -0.08496574             
P  10.1                                                                         
From 209 observations 2005 May 10-2019 Oct. 25, mean residual 0".7.             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2019 09 26    01 57 16.8 -15 38 12   3.5090  4.3952   148.5     6.9  20.7
...
2019 10 11    01 49 54.5 -16 52 57   3.4911  4.4086   153.7     5.8  20.7
...
2019 10 19    01 45 30.4 -17 22 25   3.5065  4.4158   152.8     5.9  20.7
...
2019 10 25    01 42 10.1 -17 38 40   3.5294  4.4212   150.4     6.4  20.7
2019 10 26    01 41 37.1 -17 40 50   3.5341  4.4221   149.8     6.5  20.7
2019 10 27    01 41 04.2 -17 42 52   3.5392  4.4230   149.3     6.6  20.7
...
2019 11 02    01 37 51.9 -17 51 42   3.5748  4.4285   145.5     7.3  20.7
...
2019 11 10    01 33 56.6 -17 54 31   3.6361  4.4358   139.5     8.3  20.8
...
2019 11 25    01 28 14.9 -17 33 05   3.7888  4.4497   126.7    10.2  20.9

(CBET 4686、MPEC 2019-U193)


スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.