Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2006 W1 (Gibbs) = P/2019 U1
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2019-11-12 1:38
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2023
オンライン
Comet P/2006 W1 (Gibbs) = P/2019 U1

10月2日UT、A. Fitzsimmonsによって、ハワイ Haleakalaにある小惑星地球衝突最終警報システム 
Asteroid Terrestrial-impact Last Alert System (ATLAS)調査プログラムのコースに0.5-m 反射
望遠鏡で得たCCD画像から新彗星が見つかったと報告があった。
佐藤英貴氏(東京都文京区)と小惑星センターが独立して、偶然にP/2006 (Gibbs)の検出であると
確認した(IAUC 8775,8784を参照)。
Fitzsimmonsは、この彗星の拡散したコマとp.a. 70°に向かって12"伸びているのを見つけた。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、R. Weryk (ハワイ大学天文学研究所:10月23.2日UT、
Haleakalaの1.8-m Pan-STARRS1望遠鏡で得た3枚の45秒w-バンド画像は、1".2のシーイングで、2".3
の拡散したコマとp.a. 90°に広い8"の尾が見える)や佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope天文台, 
10月23.5日UT、60秒露出10枚のスタック, 0.51-m f/6.8 アストログラフ, Siding Spring, NSW, 
遠隔操作:強い集光した10" のコマがあるが尾はない。13"の円形範囲で測定した光度は18.1等であっ
た)らによって彗星状と観測された。
この彗星は、NK 3401とICQ Comet Handbook 2019の中野主一氏の予報に対し、赤経が+1.98°、赤緯が
-0.49°離れていた。予報に対するDelta(T)は、-9.5 daysであった。

検出位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Nag,
     Oct. 21.24755   19 22 54.22   -16 05 02.7   18.4
          21.25350   19 22 54.66   -16 05 05.2   18.5
          21.25730   19 22 54.94   -16 05 05.6   18.7
          21.27058   19 22 55.92   -16 05 10.0   18.5

MPCの連結軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2006 W1 (Gibbs)                                                           
Epoch 2006 Apr. 15.0 TT = JDT 2453840.5                                         
T 2006 Mar. 29.65750 TT                                 Bell                    
q   1.7001589            (2000.0)            P               Q                  
n   0.07071145     Peri.  230.58096     +0.89055091     -0.43198481             
a   5.7917465      Node   154.05396     +0.44777264     +0.88767726             
e   0.7064514      Incl.   19.00870     -0.08011700     +0.15943087             
P  13.9                                                                         
From 170 observations 2006 Nov. 16-2019 Oct. 25, mean residual 0".7.            
                                                                                
    P/2006 W1 (Gibbs)                                                           
Epoch 2020 Mar. 12.0 TT = JDT 2458920.5                                         
T 2020 Mar. 22.23904 TT                                 Bell                    
q   1.6998127            (2000.0)            P               Q                  
n   0.07060993     Peri.  232.33946     +0.88994592     -0.43136446             
a   5.7972965      Node   152.27962     +0.44899927     +0.88562939             
e   0.7067922      Incl.   18.55987     -0.07997450     +0.17200376             
P  14.0                                                                         
From 170 observations 2006 Nov. 16-2019 Oct. 25, mean residual 0".7.            
                                                                                
    P/2006 W1 (Gibbs)                                                           
Epoch 2034 Mar. 19.0 TT = JDT 2464040.5                                         
T 2034 Mar. 29.74525 TT                                 Bell                    
q   1.7214641            (2000.0)            P               Q                  
n   0.06941263     Peri.  232.37998     +0.89238504     -0.42579984             
a   5.8637717      Node   151.88426     +0.44387414     +0.88794187             
e   0.7064237      Incl.   18.49308     -0.08139216     +0.17393599             
P  14.2                                                                         
From 170 observations 2006 Nov. 16-2019 Oct. 25.                                
                                                                                
    P/2006 W1 (Gibbs)                                                           
Epoch 2019 Apr. 27.0 TT = JDT 2458600.5                                         
T 2020 Mar. 22.14948 TT                                 Bell                    
q   1.7006844            (2000.0)            P               Q                  
n   0.07045155     Peri.  232.25920     +0.89040251     -0.43048763             
a   5.8059817      Node   152.30462     +0.44809985     +0.88607357             
e   0.7070806      Incl.   18.55072     -0.07993681     +0.17191285             
P  14.0                                                                         
From 170 observations 2006 Nov. 16-2019 Oct. 25, mean residual 0".7.            
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2019 09 25    19 00 31.0 -13 07 51   2.0997  2.5277   103.4    22.7  18.1
...
2019 10 10    19 11 08.2 -14 57 29   2.1881  2.4238    91.2    24.3  18.0
...
2019 10 18    19 19 11.5 -15 46 56   2.2359  2.3693    85.1    24.8  18.0
...
2019 10 24    19 26 14.8 -16 19 22   2.2710  2.3289    80.8    24.9  18.0
2019 10 25    19 27 30.3 -16 24 21   2.2768  2.3223    80.1    25.0  17.9
2019 10 26    19 28 47.1 -16 29 13   2.2825  2.3156    79.4    25.0  17.9
...
2019 11 01    19 36 56.4 -16 55 50   2.3162  2.2759    75.3    25.0  17.9
...
2019 11 09    19 49 00.2 -17 24 01   2.3585  2.2238    70.0    24.7  17.8
...
2019 11 24    20 14 56.0 -17 52 53   2.4285  2.1294    60.8    23.9  17.7

(CBET 4685、MPEC 2019-U163)


スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.