Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2019 T6 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2019-11-11 13:10
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2023
オンライン
Comet P/2019 T6 (PANSTARRS)

R. Weryk (ハワイ大学天文学研究所)によると、10月8.5日UT、ハワイ HaleakalaにあるPan-STARRS2 
1.8-m 反射望遠鏡反射望遠鏡で得た画像から彗星を発見した。
彼の記述では、1".8 (1".1のシーイーングで) 集光したコマとp.a.270°に2"伸びた広い尾が見える。
Y. Ramanjoolooの書き込みによると、10月19.5日UT、0".9-1".1のシーイングでPan-STARRS1 1.8-m
反射望遠鏡で集光した1".7のコマがあるが、明らかな尾はない。測定されたi-バンド光度は19.1-
1.93等であった。Werykは加えて、10月23.5日、C. CrowderとT. Burdullisが、Mauna Keaにある、
3.6-m Canada-France-Hawaii 望遠鏡で得た追加観測から、集光のある1".2のコマ (0".8のシー
イングで)とp.a. 274°ら向かって少なくとも8"伸びた真直ぐな尾が見え、さらに10月23.4日、
Pan-STARRS2 の反射望遠鏡で得た4枚45秒w-バンドから、1".2 のシーイングで、拡散した1".9の
コマとp.a. 270°に6"の真直ぐな尾が見えると記した。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope天文台, 10月
9.75日UT、60秒露出12枚のスタック, 0.51-m f/6.8 アストログラフ, Siding Spring, NSW, 
遠隔操作:強い集光の8" のコマがあり、西に10"の尾の気配がある、4".9の円形範囲で測定した
光度は19.3等であった)らによって彗星状と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Oct.  8.46955    3 06 30.26   - 6 35 11.9   19.6
           8.48051    3 06 30.05   - 6 35 09.5   20.2
           8.49151    3 06 29.85   - 6 35 07.2   20.0
           8.50246    3 06 29.62   - 6 35 04.8   20.0

MPCの楕円軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2019 T6 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2019 Nov. 13.0 TT = JDT 2458800.5                                         
T 2019 Nov.  9.11835 TT                                 Bell                    
q   2.0537383            (2000.0)            P               Q                  
n   0.07725527     Peri.  329.59499     +0.73163961     -0.60985405             
a   5.4598911      Node    71.19404     +0.67210998     +0.57068452             
e   0.6238499      Incl.   18.77052     +0.11389319     +0.54990655             
P  12.8                                                                         
From 102 observations 2019 Oct. 8-24, mean residual 0".5.                       
                                                                                
    P/2019 T6 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2032 Sept. 5.0 TT = JDT 2463480.5                                         
T 2032 Aug. 28.58443 TT                                 Bell                    
q   2.0528712            (2000.0)            P               Q                  
n   0.07720969     Peri.  330.03588     +0.72797428     -0.61443427             
a   5.4620396      Node    71.10782     +0.67540693     +0.56646654             
e   0.6241567      Incl.   18.75346     +0.11780885     +0.54916863             
P  12.8                                                                         
From 102 observations 2019 Oct. 8-24.                                           
                                                                                
    P/2019 T6 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2019 Apr. 27.0 TT = JDT 2458600.5                                         
T 2019 Nov.  9.12653 TT                                 Bell                    
q   2.0537725            (2000.0)            P               Q                  
n   0.07730303     Peri.  329.59640     +0.73163138     -0.60986353             
a   5.4576421      Node    71.19343     +0.67211732     +0.57067313             
e   0.6236887      Incl.   18.77064     +0.11390271     +0.54990785             
P  12.7                                                                         
From 102 observations 2019 Oct. 8-24, mean residual 0".5.                       
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2019 09 24    03 07 09.2 -07 11 48   1.2818  2.0995   133.1    20.4  19.3
...
2019 10 09    03 06 21.1 -06 33 11   1.1751  2.0748   145.1    16.0  19.0
...
2019 10 17    03 03 06.0 -05 56 29   1.1342  2.0654   151.4    13.3  18.9
...
2019 10 23    02 59 33.9 -05 19 02   1.1119  2.0601   155.7    11.4  18.9
2019 10 24    02 58 54.0 -05 11 53   1.1089  2.0594   156.4    11.2  18.9
2019 10 25    02 58 12.9 -05 04 28   1.1062  2.0587   157.0    10.9  18.9
...
2019 10 31    02 53 46.4 -04 14 02   1.0944  2.0556   159.9     9.5  18.8
...
2019 11 08    02 47 22.2 -02 50 59   1.0919  2.0538   160.8     9.1  18.8
...
2019 11 23    02 36 15.2 +00 27 53   1.1285  2.0579   153.0    12.6  18.9

     This object was reported as possibly cometary on Oct. 8 UT by R.
Wainscoat (F52) on behalf of the Pan-STARRs survey and was placed on the 
Possible Comet Confirmation Page.  Its cometary nature was confirmed by K. 
Korlevic (L01) on Oct. 9, who noted a 14" asymmetric coma in P.A. 274 degs.  
Further reports of cometary features are summarized below:

OC   Date     Reporter           Coma    Tail                 Exposures
Q62  Oct.  9  H. Sato             8"     10" in P.A. 270      12 x 60s
F52  Oct.  8  R. Weryk, M. Huber  2"      2" in P.A. 270
Z84  Oct.  9  E. Schwab           3".5    5" in P.A. 270      600s stack
G40  Oct. 11  B. Lutkenhoner     12"      
O94  Oct   9  A. Novichonok               7" in P.A. 324
691  Oct. 19  R. S. McMillan              6" in P.A. 260      2 x 180s
204  Oct. 23  L. Buzzi           10"      
568  Oct. 23  R. Weryk            1".2    8" in P.A. 275
F52  Oct. 23  R. Weryk            1".9    6" in P.A. 270      4 x 45s
204  Oct. 23  L. Buzzi           10"      

(CBET 4684、MPEC 2019-U140)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.