Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2019 T4 (ATLAS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2019-11-11 13:08
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2023
オンライン
Comet C/2019 T4 (ATLAS)

10月9.6日UT、ハワイ Haleakalaにある小惑星地球衝突最終警報システム Asteroid Terrestrial-
impact Last Alert System (ATLAS)調査プログラムのコースに0.5-m 反射望遠鏡で得たCCD画像から
小惑星状天体を発見した。
小惑星センターのNEOCPとPCCP webpageに公表後、R. Weryk (ハワイ大学天文学研究所、10月19.6日
UT、ハワイ HaleakalaのPan-STARRS1 1.8-m 反射望遠鏡で得た、45秒i-バンド露出から、1".0のシー
イングで非常に集光した1".6のコマとp.a. 110°に約2"の真直ぐな尾が見える。また、2月2.3日に
得た45秒w-バンド4枚のスタックからC/2019 T4の発見前のイメージを見つけた。1".4のシーイングで、
大変集光した約1".5のコマ(光度は22.1-22.6等)見えるが尾はない。しかし、彼はイメージがわずか
に伸びているようだと述べた)や佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope天文台,10月22.7日UT、60秒
露出12枚のスタック, 0.51-m f/6.8 アストログラフ, Siding Spring, NSW, 遠隔操作:強い集光した
8"のコマがあるが尾はない。4".9の円形範囲で測定した光度は19.0等であった)らCCD位置観測者によ
って彗星状と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Oct.  9.58199    6 42 24.59   -30 14 51.1   19.3
           9.58529    6 42 24.57   -30 14 53.3   19.2
           9.59088    6 42 24.58   -30 14 56.6   19.2
           9.60242    6 42 24.75   -30 14 59.1   19.2

MPCの楕円軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2019 T4 (ATLAS)                                                           
Epoch 2022 May 21.0 TT = JDT 2459720.5                                          
T 2022 June  9.74177 TT                                 Bell                    
q   4.2462472            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0011416      Peri.  351.17742     -0.95994448     +0.05566922             
 +/-0.0000789      Node   199.94036     -0.18162792     -0.86989761             
e   0.9951525      Incl.   53.62887     -0.21334923     +0.49008069             
From 18 observations 2019 Feb. 5-Oct. 22, mean residual 0".4.                   
                                                                                
    C/2019 T4 (ATLAS)                                                           
Epoch 2019 Apr. 27.0 TT = JDT 2458600.5                                         
T 2022 June  9.60317 TT                                 Bell                    
q   4.2453971            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0009856      Peri.  351.15255     -0.95967331     +0.05601435             
 +/-0.0000789      Node   200.00894     -0.18229416     -0.86998130             
e   0.9958156      Incl.   53.62051     -0.21399995     +0.48989278             
From 18 observations 2019 Feb. 5-Oct. 22, mean residual 0".4.                   
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2019 09 22    06 38 48.4 -28 31 56   8.7781  8.6697    80.5     6.6  19.1
...
2019 10 07    06 42 02.0 -29 59 26   8.5441  8.5814    88.8     6.7  19.0
...
2019 10 15    06 43 00.7 -30 47 17   8.4205  8.5343    93.2     6.7  18.9
...
2019 10 21    06 43 23.1 -31 23 07   8.3294  8.4990    96.4     6.7  18.9
2019 10 22    06 43 24.9 -31 29 03   8.3144  8.4931    97.0     6.7  18.9
2019 10 23    06 43 26.2 -31 34 58   8.2994  8.4873    97.5     6.7  18.9
...
2019 10 29    06 43 22.6 -32 10 06   8.2110  8.4520   100.7     6.6  18.8
...
2019 11 06    06 42 47.1 -32 55 16   8.0974  8.4049   104.8     6.5  18.8
...
2019 11 21    06 40 08.2 -34 11 34   7.9017  8.3166   111.6     6.3  18.7

(CBET 4681、MPEC 2019-U99) 

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.