Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2019 T3 (ATLAS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2019-10-23 16:30
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2020
オンライン
Comet C/2019 T3 (ATLAS)

10月6.6日UT、ハワイ Mauna Loaにある小惑星地球衝突最終警報システム Asteroid Terrestrial-
impact Last Alert System (ATLAS)調査プログラムのコースに0.5-m 反射望遠鏡で得たCCD画像から
小惑星状天体を発見した。小惑星センターのNEOCPとPCCP webpageに掲載された。
R. Weryk (ハワイ大学天文学研究所)は、2019年1月17.4日、ハワイ Haleakalaの1.8-m 反射望遠鏡
で得たPan-STARRSの画像からC/2019 T3の発見前のイメージを見つけた(Pan-STARRS1;非常に集光し
光度は20.7-20.8等。わずか南に非対称で、短く、p.a. 180°に真直ぐな尾を示しており、FWHM 
(半値全幅)はシーイングが1".0に対して約1".5であった)と1月27.4日 (Pan-STARRS2;光度は
20.5-21.3等。限界なイメージ)。
Werykは、10月15.5日に得た、i-バンドPan-STARRS1の露出では、1".2のシーイングで1".8の集光した
コマと、p.a. 220°に真直ぐな8"の尾が見えると加えた。10月8日、G. FaveroとR. Furgoniが
Osservatorio del Celado (Castello Tesino, イタリア: 0.80-m f/4 反射望遠鏡)で得た60秒フィル
ターなし画像30枚スタックでは、p.a. 200°にかすかに約15"の尾が伸びて見える。測定したr光度は
18.1等であった。

発見位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Oct.  6.61067    7 44 17.34   +75 24 50.5   18.9
           6.61403    7 44 17.46   +75 24 51.9   18.9
           6.62119    7 44 17.23   +75 24 56.0   18.9
           6.63062    7 44 17.08   +75 25 02.4   18.9

MPCの楕円軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2019 T3 (ATLAS)                                                           
Epoch 2021 Mar. 7.0 TT = JDT 2459280.5                                          
T 2021 Mar. 2.80125 TT                                  Veres                   
q   5.9441077            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0001933      Peri.  112.31158     +0.60581067     +0.57362820             
 +/-0.0000281      Node   139.52368     -0.19779943     -0.56259522             
e   0.9988508      Incl.  121.86406     +0.77062885     -0.59534638             
From 84 observations 2019 Jan. 17-Oct. 15, mean residual 0".3.                  
                                                                                
    C/2019 T3 (ATLAS)                                                           
Epoch 2019 Apr. 27.0 TT = JDT 2458600.5                                         
T 2021 Mar. 2.34006 TT                                  Veres                   
q   5.9442785            (2000.0)            P               Q                  
z  -0.0000926      Peri.  112.26960     +0.60539231     +0.57381185             
 +/-0.0000281      Node   139.50251     -0.19765676     -0.56290818             
e   1.0005506      Incl.  121.85909     +0.77099413     -0.59487339             
From 84 observations 2019 Jan. 17-Oct. 15, mean residual 0".3.                  
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2019 09 16    07 39 57.1 +72 11 09   7.1478  7.0061    77.9     8.1  19.5
...
2019 10 01    07 44 18.5 +74 28 09   6.9210  6.9529    87.7     8.3  19.4
...
2019 10 09    07 43 54.1 +75 49 44   6.8027  6.9249    92.9     8.3  19.4
...
2019 10 15    07 41 43.2 +76 54 14   6.7170  6.9041    96.7     8.2  19.3
2019 10 16    07 41 09.7 +77 05 13   6.7030  6.9006    97.3     8.2  19.3
2019 10 17    07 40 32.3 +77 16 15   6.6891  6.8972    97.9     8.2  19.3
...
2019 10 23    07 35 16.3 +78 23 30   6.6083  6.8766   101.5     8.2  19.3
...
2019 10 31    07 22 54.5 +79 54 21   6.5080  6.8494   106.1     8.0  19.2
...
2019 11 15    06 31 46.4 +82 32 36   6.3495  6.7993   113.1     7.7  19.1

     This object was reported as an NEO candidate by the ATLAS Survey on 
Oct. 6 UT.  On Oct. 10 UT, J. D. Armstrong reported an apparent 2".4 
condensed coma from images obtained on Oct. 7 UT.  Other reports of cometary 
features are summarized below:

OC   Date     Reporter           Coma    Tail
K51  Oct. 10  R. Furgoni                 15" in P.A. 200      (30 x 60x)
A71  Oct. 11  M. Jaeger            5"    15" in P.A. 180-220  (41 x 90s)
G40  Oct. 12  B. Lutkenhoner       9"           P.A. 180
F51  Jan. 17  R. Weryk             1".5         P.A. 180
F51  Oct. 15  R. Weryk             1".8   8" in P.A. 220

(CBET 4678、MPEC 2019-U10)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.