Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2008 Y1 = 2019 R1 (Boattini)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2019-9-24 19:32
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2023
オンライン
Comet P/2008 Y1 = 2019 R1 (Boattini)

G. Borisovの通報によると、9月2.0日 UT、彼はMARGO天文台 (Nauchnij近郊, クリミア)の0.65-m f/1.5 
アストログラフで得た画像から彗星を独立して発見した。
この彗星は適度に拡散した約15"のコマとp.a. 280°に30" の尾が見える。0'.5の円形範囲で測定した全
光度は16.0等であった。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope 天文台, 0.43-m f/6.8
アストログラフ, Mayhill近郊, ニューメキシコ州, 遠隔操作; 9月3.4-3.5日UT、60秒露出のスタックで、
強く集光した18"-20" のコマがあり、p.a. 280°に向かって30" の尾がある。10"の円形範囲で測定した
光度は16.7等であった)らCCD位置観測者によって彗星状と観測された。
G. V. Williams (小惑星センター)は、この彗星はP/2008 Y1 (IAUC 9007, 9016参照)の検出であることを
確認した。
MPC 10210のB. G. Marsdenの予報に対するDelta(T)は、-4.38 daysであった。また、中野主一氏のICQ Comet
Handbook 2019 (およびNK 3205)の予報に対しDelta(T)は、-4.47 daysであった。中野氏の予報から、残差
は、赤経が+2.59°、赤緯か゜-0.85°であった。また、彼は過去にこの天体の追加保存観測を見つけること
ができなかったとつけ加えた。

検出位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Sept. 2.00918    6 49 02.98   +25 42 48.1   15.8   Borisov
           2.01863    6 49 05.36   +25 42 41.3   15.8     "
           2.02941    6 49 07.95   +25 42 34.0   15.7     "

MPCの連結軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2008 Y1 (Boattini)
Epoch 2009 Feb. 18.0 TT = JDT 2454880.5
T 2009 Feb. 25.10207 TT                                 Williams
q   1.2719224            (2000.0)            P               Q
n   0.09389601     Peri.  162.37027     +0.46471062     -0.87255922
a   4.7940727      Node   259.71075     +0.79284040     +0.48577523
e   0.7346886      Incl.    8.80518     +0.39426912     +0.05160260
P  10.5
>From 246 observations 2008 Dec. 22-2019 Sept. 9, mean residual 0".6.

    P/2008 Y1 (Boattini)
Epoch 2019 Aug. 25.0 TT = JDT 2458720.5
T 2019 Sept. 6.18223 TT                                 Williams
q   1.2678372            (2000.0)            P               Q
n   0.09365044     Peri.  162.80790     +0.46367768     -0.87281063
a   4.8024498      Node   259.34015     +0.79358061     +0.48558024
e   0.7360020      Incl.    8.91712     +0.39399597     +0.04912675
P  10.5
>From 246 observations 2008 Dec. 22-2019 Sept. 9, mean residual 0".6.

    P/2008 Y1 (Boattini)
Epoch 2030 Feb. 28.0 TT = JDT 2462560.5
T 2030 Mar. 14.74468 TT                                 Williams
q   1.2683932            (2000.0)            P               Q
n   0.09358651     Peri.  162.82460     +0.46571685     -0.87171647
a   4.8046365      Node   259.19120     +0.79260064     +0.48747284
e   0.7360064      Incl.    8.92419     +0.39356326     +0.04980589
P  10.5
>From 246 observations 2008 Dec. 22-2019 Sept. 9.

    P/2008 Y1 (Boattini)
Epoch 2019 Apr. 27.0 TT = JDT 2458600.5
T 2019 Sept. 6.18579 TT                                 Williams
q   1.2678400            (2000.0)            P               Q
n   0.09368129     Peri.  162.80961     +0.46365447     -0.87282298
a   4.8013954      Node   259.33997     +0.79359375     +0.48555910
e   0.7359434      Incl.    8.91712     +0.39399681     +0.04911617
P  10.5
>From 246 observations 2008 Dec. 22-2019 Sept. 9, mean residual 0".6.

Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2019 08 10    05 11 13.4 +28 00 09   1.5395  1.3166    57.8    40.6  17.1
...
2019 08 25    06 15 49.6 +26 59 57   1.4880  1.2778    57.8    42.0  16.9
...
2019 09 02    06 49 00.3 +25 42 58   1.4719  1.2690    58.0    42.4  16.9
...
2019 09 08    07 12 51.0 +24 27 41   1.4641  1.2681    58.3    42.5  16.9
2019 09 09    07 16 43.4 +24 13 51   1.4631  1.2684    58.4    42.5  16.9
2019 09 10    07 20 34.0 +23 59 40   1.4622  1.2688    58.4    42.5  16.9
...
2019 09 16    07 42 58.2 +22 28 08   1.4584  1.2743    58.9    42.5  16.9
...
2019 09 24    08 10 59.4 +20 11 55   1.4565  1.2891    59.9    42.3  16.9
...
2019 10 09    08 57 34.5 +15 30 30   1.4581  1.3379    62.7    41.6  17.1

(CBET 4663、MPEC 2019-R83)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.