Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2019 M3 (ATLAS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2019-7-24 7:52
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2023
オンライン
Comet C/2019 M3 (ATLAS)

6月30.5日UT、ハワイ Haleakalaにある小惑星地球衝突最終警報システム Asteroid Terrestrial-
impact Last Alert System (ATLAS)調査プログラムのコースに0.5-m 反射望遠鏡で得たCCD画像から
小惑星状天体を発見した。
小惑星センターのNEOCPとPCCP webpageに公表後、K. SarneczkyとA. Sodor (Konkoly天文台, 
Piszkesteto, ハンガリー, 0.60-m Schmidt望遠鏡: 7月1.0日UT、120秒フィルターなしCCDイメージ
3枚のスタックで、4"のコンパクトなコマが見え、p.a. 240-300°に跨いだ約15" の幅広い尾がある)
や 佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope Sierra Remote 天文台, 0.61-m f/6.5 アストログラフ, 
Auberry, カリフォルニア州, 遠隔操作; 7月1.43日、60秒露出10枚のスタック, 強い集光のある8"の
コマが見え、p.a. 275°に向かって10" の尾がある。5".0.の円形範囲で測定した全光度は18.8 等で
あった)らCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     June 30.51712   23 08 03.29   +37 16 02.4   19.3
          30.52190   23 08 02.97   +37 16 01.3   19.3
          30.52747   23 08 02.82   +37 16 01.0   19.4
          30.53960   23 08 02.28   +37 15 55.5   19.2

暫定放物線軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2019 M3 (ATLAS)
T 2019 Jan. 5.03987 TT                                  MPCLINUX
q   2.4677963            (2000.0)            P               Q
                   Peri.   89.54879     +0.06649479     +0.90428637
                   Node   154.65340     -0.24617051     -0.39471849
e   1.0            Incl.   99.90168     +0.96694287     -0.16267599
From 141 observations 2019 June 30-July 17.

Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2019 06 18    23 14 20.3 +38 05 28   3.0158  3.0316    81.2    19.3  19.4
...
2019 07 03    23 06 19.1 +37 02 33   2.8801  3.1242    94.2    18.9  19.4
...
2019 07 11    22 59 39.4 +36 08 53   2.8082  3.1752   101.7    18.3  19.5
...
2019 07 17    22 53 39.0 +35 16 50   2.7573  3.2142   107.6    17.5  19.5
2019 07 18    22 52 34.3 +35 07 05   2.7492  3.2207   108.6    17.4  19.5
2019 07 19    22 51 28.4 +34 57 00   2.7412  3.2273   109.6    17.3  19.5
...
2019 07 25    22 44 28.0 +33 49 25   2.6965  3.2670   115.6    16.3  19.5
...
2019 08 02    22 34 13.1 +31 59 22   2.6474  3.3206   123.8    14.7  19.5
...
2019 08 17    22 13 38.8 +27 30 29   2.6016  3.4235   138.2    11.4  19.6

     This object was initially reported on 2019 July 1 UT as asteroidal
by the ATLAS team (T05). Subsequently, K. Sarneczky (K88) reported cometary
activity observed in a stack of three 120-second images, displaying a very
condensed 4" coma and a broad tail in P.A. between 240 and 300. Other reports
of cometary features are summarized below:

OC   Date     Reporter           Coma    Tail
K88 July 01   K. Sarneczky       4"      15"  in P.A. 240-300 (3 x 120s)
F65 July 01   J. D. Armstrong             7"  West of South West
U69 July 01   H. Sato            8"      10"  in P.A. 275 (10 x 60s)
K88 July 02   K. Sarnecky        8"      30"  in P.A. 250-300 (3 x 120s)
585 July 11   A. Baransky        8"      24"  in P.A. 258 (29 x 60s)

(CBET 4653、MPEC 2019-O23)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.