Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2019 LB7 (Kleyna)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2019-7-16 1:16
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1995
オンライン
Comet C/2019 LB7 (Kleyna)

6月21日、Jan KleynaとMarco Micheliの通報によると、6月7.6日、8.6日と9.6日UT、Kleynaが、
Mauna Keaにある8.2-m すばる望遠鏡のHuper-SuprimeCamで得たCCD画像から非常に暗い彗星を
発見した。この天体は拡散して南西へ約1" 伸びているようだ。
R. Werykの書き込みによると、7月1.6日UT、R. Wainscoat、C. WipperとT. Burdullisが、Mauna 
Keaにある3.6-m Canada-France-Hawaii 望遠鏡で得た3回の180-秒 gri-バンド確認露出では、
南西に向かって約6"の尾が見え、この彗星の頭部は約0".9(半値全幅:FWHM)で、比較した近傍の
恒星のFWHMは0".7であった。非常に暗い天体であったため、精測位置はMPEC 2019-N20に発表され
たが、小惑星センタ―の不注意によって小惑星符号2019 LB7与えられていた。

発見位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     June  7.59119    1 19 14.22   + 8 28 20.2   23.4   Kleyna
           7.60241    1 19 13.93   + 8 28 21.8   23.1     "
           7.61368    1 19 13.63   + 8 28 23.5   23.6     "
           8.59030    1 18 48.54   + 8 30 38.4   23.2     "
           8.59872    1 18 48.31   + 8 30 39.4   23.2     "
           8.60715    1 18 48.09   + 8 30 40.6   23.4     "
           8.61557    1 18 47.84   + 8 30 41.8   23.1     "
           9.58849    1 18 21.64   + 8 32 51.5   23.1     "
           9.59694    1 18 21.40   + 8 32 52.7   23.4     "
           9.60539    1 18 21.17   + 8 32 53.8   22.8     "
           9.61400    1 18 20.92   + 8 32 54.9   23.0     "

楕円軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2019 LB7 (Kleyna)
Epoch 2019 Mar. 18.0 TT = JDT 2458560.5
T 2019 Mar. 26.85767 TT                                 MPCLINUX
q   2.4788851            (2000.0)            P               Q
n   0.00518759     Peri.  335.74335     +0.88772901     +0.46010662
a  33.0490347      Node     3.26334     +0.45417045     -0.88077928
e   0.9249937      Incl.  164.23837     +0.07527552     -0.11193641
P 190
From 14 observations 2019 June 7-July 1, mean residual 0".1.

    C/2019 LB7 (Kleyna)
Epoch 2019 Apr. 27.0 TT = JDT 2458600.5
T 2019 Mar. 26.85485 TT                                 MPCLINUX
q   2.4788843            (2000.0)            P               Q
n   0.00519344     Peri.  335.74278     +0.88772155     +0.46012095
a  33.0242119      Node     3.26371     +0.45418480     -0.88077259
e   0.9249374      Incl.  164.23810     +0.07527699     -0.11193010
P 190
From 14 observations 2019 June 7-July 1, mean residual 0".1.

Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2019 06 02    01 21 16.6 +08 14 13   3.1242  2.5766    49.1    17.3  23.6
...
2019 06 17    01 14 20.0 +08 46 52   2.8891  2.6233    64.8    20.5  23.5
...
2019 06 25    01 08 23.8 +08 56 11   2.7497  2.6515    73.8    21.6  23.4
...
2019 07 01    01 02 38.4 +08 58 16   2.6415  2.6741    80.8    22.0  23.4
2019 07 02    01 01 33.5 +08 58 09   2.6233  2.6780    82.0    22.1  23.4
2019 07 03    01 00 26.3 +08 57 52   2.6051  2.6819    83.2    22.1  23.4
...
2019 07 09    00 52 53.5 +08 52 47   2.4960  2.7060    90.7    22.1  23.3
...
2019 07 17    00 40 23.4 +08 35 29   2.3542  2.7398   101.2    21.3  23.2
...
2019 08 01    00 08 18.9 +07 20 43   2.1211  2.8083   123.2    17.6  23.1 

(CBET 4647、MPEC 2019-N32)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.