Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2019 D1 (Flewelling)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2019-4-1 8:12
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2005
オンライン
Comet C/2019 D1 (Flewelling)

Heather Flewelling (ハワイ大学)の通報によると、2月26日UT、ハワイ Mauna Loaにある小惑星
地球衝突最終警報システム Asteroid Terrestrial-impact Last Alert System (ATLAS)調査プロ
グラムのコースに0.5-m f/2 Schmidt反射望遠鏡で得た5枚のo-バンドCCD露出から彗星を発見した。
この彗星は、恒星状の輪郭に比べ約9"拡張しているようで、p.a. 175°に約40"の尾がある。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、T. LinderとR. Holmes (Cerro Tololo, 0.61-m f/6.5 
Dall-Kirkham アストログラフ, 2月27.4日UT、15"伸びた尾と2"のコマが見えた)や佐藤英貴氏
(東京都文京区, iTelescope 天文台, 0.43-m f/6.8 アストログラフ, Mayhill近郊, ニューメキシコ
州, 遠隔操作、2月28.51日UT、60秒露出7枚のスタックで、強く集光した8"x10"のコマがあるが
尾はない。5".7の円形範囲で測定した全光度は17.5等であった)らCCD位置観測者によって彗星状と
観測された。

発見位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Feb. 26.64502   18 38 18.96   -11 49 12.0   16.7
          26.65341   18 38 20.23   -11 49 02.9   16.4
          26.65497   18 38 20.41   -11 49 01.4   16.2
          26.66309   18 38 21.84   -11 48 53.1   16.6

準放物線軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2019 D1 (Flewelling)
Epoch 2019 Apr. 27.0 TT = JDT 2458600.5
T 2019 May 11.91583 TT                                  MPCW
q   1.5767294            (2000.0)            P               Q
z  +0.0089688      Peri.   70.52388     +0.40609205     +0.80092938
 +/-0.0020000      Node   231.70548     -0.89419962     +0.44754220
e   0.9858586      Incl.   34.09930     +0.18840460     +0.39776639
From 137 observations 2019 Feb. 26-Mar. 21, mean residual 0".6.

Ephemeris:
    C/2019 D1 (Flewelling)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2019 02 19    18 17 53.4 -13 57 28   2.2896  1.9190    55.9    25.2  17.6
...
2019 03 06    18 58 17.2 -09 26 24   2.0757  1.8149    61.0    28.5  17.2
...
2019 03 14    19 20 19.0 -06 29 18   1.9736  1.7651    63.2    30.2  16.9
...
2019 03 20    19 37 00.7 -04 01 58   1.9037  1.7308    64.7    31.3  16.8
2019 03 21    19 39 48.5 -03 36 16   1.8927  1.7254    64.9    31.5  16.8
2019 03 22    19 42 36.4 -03 10 14   1.8818  1.7200    65.2    31.7  16.7
...
2019 03 28    19 59 27.9 -00 27 35   1.8204  1.6897    66.4    32.8  16.6
...
2019 04 05    20 22 04.6 +03 24 37   1.7492  1.6542    67.8    34.0  16.4
...
2019 04 20    21 04 37.8 +11 11 53   1.6496  1.6046    69.6    35.9  16.1

H. Flewelling (T08)の報告では、この天体は拡張しており、p.a. 175°に〜40"の尾がある。
彗星状況の他の記述は次のとおり:

M. Masek       I47 Feb. 27  12" coma, elongated in P.A. 260           40 x 60s
R. Holmes      807 Feb. 27   2" coma, 15" tail
K. Sarneczky   K88 Feb. 28  10" fan-shaped tail in P.A. 270-310        3 x 60s
H. Sato        H06 Feb. 28   8"x10" coma, no tail                      7 x 60s
H. Sato        Q11 Mar.  1  ~6" coma, no tail                          5 x 60s
K. Korlevic    L01 Mar.  2  Short tail in P.A. 270
G. Gasparovic  G40 Mar.  4  17" tail in P.A. 255
C. Jacques     Q62 Mar.  8   8" condensed coma, 8" tail in P.A. 270   20 x 60s 
H. Sato        Q62 Mar. 10  20" strongly-condensed coma, 1'.5 tail in
                               P.A. 260                                9 x 60s
H. Sato        Q11 Mar. 11   7" condensed coma, ~11" in P.A. 272       7 x 60s
L. Hudin       L04 Mar. 13  Small condensation with tail in P.A. ~260
M. Masek       I47 Mar. 14   9" condensed coma, 10" tail in P.A. 250  15 x 60s
R. S. McMillan 291 Mar. 18  20" tail in P.A. 265
R. S. McMillan 691 Mar. 18  27" tail in P.A. 255
K. Sarneczky   K88 Mar. 21  10" condensed coma, ~40" slightly-curved tail
                               in P.A 260-270                          6 x 60s

(CBET 4614、MPEC 2019-F53)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.