Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2019 B3 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2019-3-1 18:29
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1994
オンライン
Comet C/2019 B3 (PANSTARRS)

R. Weryk、R. WainscoatとY. Ramanjoolooによると、1月24.6日UT、Haleakala (ハワイ)に
あるPan-STARRS1望遠鏡で得た4枚のi-バンドCCD露出から彗星を発見した。
この天体は、東に向かって非対称に見え、FWHM(半値全幅)は近傍の恒星が約1".1に対し約
1".8であった。
Werykは、2月4.66日UT、Wainscoat、L. WellsとS. Prunetが、Mauna Keaにある3.6-m Canada-
France-Hawaii望遠鏡で得た3枚60秒gri-バンドフォローアップCCD露出から、彗星であると
確認したと追記した。それは背景星に接近していたが、FWHMは近傍の恒星が1".3 に対し約
2"であった。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope 天文台, 
0.51-m f/6.8 アストログラフ, Siding Spring, ニューサウスウェールズ州, オーストラリア, 
遠隔操作)によると、1月28.6日、60秒露出12枚のスタックで、強く集光した10"の丸いコマで、
6".5の円形範囲で測定した全光度は18.8等であった。

発見位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Jan. 24.58054   12 20 43.52   -37 35 36.8   19.6
          24.59028   12 20 43.37   -37 35 40.2   19.5
          24.60001   12 20 43.23   -37 35 43.6   19.5
          24.60974   12 20 43.07   -37 35 47.3   19.4

僅かな双曲線軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2019 B3 (PANSTARRS)
Epoch 2021 Jan. 26.0 TT = JDT 2459240.5
T 2021 Jan. 19.70594 TT                                 MPCW
q   6.8260128            (2000.0)            P               Q
z  -0.0003253      Peri.  263.86683     -0.11763945     +0.99273860
 +/-0.0001888      Node   358.43081     +0.00244684     -0.02500613
e   1.0022205      Incl.   66.53918     -0.99305336     -0.11766378
From 47 observations 2019 Jan. 24-Feb. 27, mean residual 0".4.

    C/2019 B3 (PANSTARRS)
Epoch 2019 Apr. 27.0 TT = JDT 2458600.5
T 2021 Jan. 18.98780 TT                                 MPCW
q   6.8274730            (2000.0)            P               Q
z  -0.0003959      Peri.  263.81802     -0.11865903     +0.99260731
 +/-0.0001888      Node   358.40629     +0.00228300     -0.02541890
e   1.0027029      Incl.   66.52582     -0.99293244     -0.11867862
From 47 observations 2019 Jan. 24-Feb. 27, mean residual 0".4.

Ephemeris:
    C/2019 B3 (PANSTARRS)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2019 01 28    12 19 50.4 -37 55 58   7.9883  8.2750   103.6     6.6  19.2
...
2019 02 12    12 14 30.9 -39 17 05   7.7449  8.2222   115.8     6.2  19.1
...
2019 02 20    12 10 46.2 -39 53 37   7.6289  8.1943   121.9     5.9  19.0
...
2019 02 26    12 07 35.7 -40 17 24   7.5497  8.1735   126.2     5.6  19.0
2019 02 27    12 07 02.3 -40 21 03   7.5372  8.1700   126.9     5.6  19.0
2019 02 28    12 06 28.5 -40 24 35   7.5250  8.1666   127.6     5.5  19.0
...
2019 03 06    12 02 56.8 -40 43 48   7.4559  8.1459   131.4     5.2  19.0
...
2019 03 14    11 57 56.1 -41 03 42   7.3767  8.1185   135.8     4.9  18.9
...
2019 03 29    11 48 03.4 -41 23 09   7.2712  8.0677   140.6     4.5  18.9

(CBET 4611、MPEC 2019-D41)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.