Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2018 F1 (Grauer)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2018-3-23 22:10
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1921
オンライン
Comet C/2018 F1 (Grauer)

A. D. Grauerの通報によると、3月17日 UT、2".1のシーイングで、Mt Lemmonの1.5-m 反射望遠鏡で
得た4枚のCCD露出から拡散した5"のコマのある彗星を発見した。
この彗星はp.a.260°に7"の尾が見える。

発見位置は次のとおり、

     2018 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Mar. 17.34541   12 49 40.12   + 6 55 32.5   19.1   Grauer
          17.35057   12 49 40.00   + 6 55 36.5   19.0     "
          17.35571   12 49 39.86   + 6 55 40.4   19.0     "
          17.36087   12 49 39.74   + 6 55 45.2   19.1     "

B. M. AfricanoとG. J. Leonardは、3月17.5日UT、Mt LemmonにあるSteward天文台の1.0-m反射望
遠鏡で得たフォローアップ観測から、45秒のCCD画像は、18.8-18.9等で8" のコマとp.a. 250-260°
に約7"-10"の拡散した尾を明らかにした。
他にR. Wainscoat, Y. RamanjoolooとR. Werykの通報によると、Haleakalaの1.8-m Pan-STARRS1 
Ritchey-Chretien望遠鏡で2時間遅く独立発見した。 Werykは、3月17日の発見観測は2017年12月
22日、2018年1月17日と3月10日のPan-STARRS1観測と確認した。この天体のイメージのFWHM(半値
全幅)は(近傍の恒星が1".3であるのに対し)約2".0であった。明らかに約8"の尾がほとんど真直ぐ
西へ伸びている。

     2017 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Dec. 22.64040   12 37 31.93   - 3 40 13.8   21.7
          22.64430   12 37 32.08   - 3 40 13.6   21.9
          22.64819   12 37 32.22   - 3 40 13.3   21.8
          22.65208   12 37 32.36   - 3 40 12.6   21.4

     2018 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Jan. 17.65112   12 50 36.02   - 2 17 44.3   21.1
          17.65976   12 50 36.19   - 2 17 41.3   21.1
     Mar. 10.44914   12 52 03.71   + 5 27 15.5   19.7
          10.47060   12 52 03.28   + 5 27 31.6   19.8
          10.48141   12 52 03.07   + 5 27 39.8   19.6
          17.44429   12 49 37.92   + 6 56 50.3   19.7
          17.45829   12 49 37.59   + 6 57 01.3   19.7
          17.47231   12 49 37.25   + 6 57 12.2   19.7
          17.48635   12 49 36.91   + 6 57 23.1   19.7

また、Werykは、年2月23.4日UTのMt Lemmonの観測された小惑星を同定した。光度は19.5-19.9等で
あった。小惑星センターのNEOCPとPCCP webpageに公表後、J.-F. Soulier (とA. Maury, J.-B. 
Vanssay, San Pedro de Atacama チリ, 0.4-m f/5.2 Ritchey-Chretien)によって彗星状と観測された。

楕円線軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2018 F1 (Grauer)
Epoch 2018 Dec. 28.0 TT = JDT 2458480.5
T 2018 Dec. 14.07301 TT                                 MPCW
q   2.9931078            (2000.0)            P               Q
z  +0.0030696      Peri.   71.62193     -0.34605495     +0.93759634
 +/-0.0000171      Node   177.29058     -0.86156437     -0.33193913
e   0.9908123      Incl.   46.07224     +0.37141999     +0.10358337
From 57 observations 2017 Dec. 22-2018 Mar. 19, mean residual 0".4.

    C/2018 F1 (Grauer)
Epoch 2018 Mar. 23.0 TT = JDT 2458200.5
T 2018 Dec. 14.11326 TT                                 MPCW
q   2.9930304            (2000.0)            P               Q
z  +0.0031557      Peri.   71.61732     -0.34593929     +0.93764614
 +/-0.0000171      Node   177.30688     -0.86153593     -0.33173298
e   0.9905548      Incl.   46.08672     +0.37159366     +0.10379283
From 57 observations 2017 Dec. 22-2018 Mar. 19, mean residual 0".4.

Ephemeris:
    C/2018 F1 (Grauer)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2018 02 17    12 55 52.3 +01 24 56   3.3880  4.1490   135.3     9.6  20.3
...
2018 03 04    12 53 49.6 +04 08 22   3.1601  4.0558   151.0     6.8  20.1
...
2018 03 12    12 51 33.9 +05 46 49   3.0640  4.0069   158.9     5.1  20.0
...
2018 03 18    12 49 25.1 +07 04 05   3.0048  3.9706   163.9     4.0  19.9
2018 03 19    12 49 01.7 +07 17 09   2.9961  3.9646   164.6     3.8  19.9
2018 03 20    12 48 37.8 +07 30 14   2.9876  3.9586   165.2     3.7  19.9
...
2018 03 26    12 46 05.8 +08 49 14   2.9439  3.9227   167.2     3.2  19.8
...
2018 04 03    12 42 27.1 +10 33 45   2.9037  3.8754   164.3     4.0  19.7
...
2018 04 18    12 35 35.1 +13 36 40   2.8820  3.7887   150.6     7.5  19.6

(CBET 4496、MPEC 2018-F42)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.