Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     板垣さん発見の超新星13等台に増光
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2018-3-23 9:58
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1895
オンライン
板垣さん発見の超新星13等台に増光

                              VSOLJニュース(345)

                       板垣さん発見の超新星13等台に増光

                                      著者:山中雅之(広島大学)
                   連絡先:masyamanaka@hiroshima-u.ac.jp


 山形県の活発な超新星ハンターである板垣公一さんによって3月2.5日(世界時)に
発見された超新星SN 2018zdが13等台に増光しています。SN 2018zdは、地球からおお
よそ6500万光年にある近い銀河のNGC 2146に発見されました。超新星の位置は、

赤経 06時18分03.2秒
赤緯 +78度22分00.9秒

と発見者の板垣さんによって報告されています。この位置は、NGC 2146の中心から
104.5秒西、35.6秒北です。また、発見時には約18等の明るさと報告されました。
その後、この超新星のガス成分に含まれる物質を決定する観測(分光観測)がグロー
バル・スーパーノヴァ・ネットワーク(Global SN Network)およびズウィッキー・ト
ランジェント・ファシリティ(ZTF)によって実施されました。その結果、水素・ヘリ
ウムによって輝線が見られるII型の一種であることが報告されました。

その後、我々を中心として日本の光赤外線大学間連携を通じた観測が実施され、増光
したのが確認されました。この中で、たとえば国立天文台に所属する石垣島天文台む
りかぶし望遠鏡による観測では3月20日の時点で13.8等と、とても明るくなっている
ことがわかりつつあります。これらの研究は現在進行中です。

増光期のごくわずかな時期に見られる水素やヘリウムの輝線は、超新星自身の噴出物
質と周囲に分布するガスとの相互作用が原因と考えられています。近年の研究によって、
このようなガスは、星が爆発を引き起こす直前に、星自身によってまき散らされたと
指摘されています。しかしながら、そのような現象は必ずしも観測されるわけではなく、
全くの未解明と言って良いような状況にあります。今後、この超新星をめぐって国際的
が研究競争が引き起こされることが予期されます。

また、13等台に到達するような超新星は、年間2,3天体と比較的珍しく、今が見頃と言
えます。今後も目の離せない超新星の一つとなりました。


                                                               2018年3月23日

参考文献
板垣, TNS #17089
Neill, TNS #1766
Hosseinzadeh, TNS #1768

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.