Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     坪井さん11等台の明るい超新星発見
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2018-2-10 21:06
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1867
オンライン
坪井さん11等台の明るい超新星発見

                     VSOLJニュース(340)

          坪井さん11等台の明るい超新星発見

                        著者:山中雅之(広島大学)
                 連絡先:masyamanaka@hiroshima-u.ac.jp

 冬から春にかけては地球から程良く近い距離にある銀河の観測シーズンです。日本
のアマチュア天文家による明るい超新星の発見が相次いでいます。広島県の坪井正紀
さんによって、世界時2月8日15時(日本時間では2月9日午前0時)に地球からの距離
約 3900万光年の近傍銀河NGC 3941に明るい超新星SN 2018pvが発見されました。
この超新星の位置は、

  赤経:11時52分55.7秒
 赤緯:+36度59分11.60秒 (2000.0年分点)

です。超新星は銀河の明るいバルジに発見されています。

広島大学1.5mかなた望遠鏡による即応的な追観測の結果、測定誤差が大きいものの
11等台程度に達していることが明らかになりました。なお、このデータはRバンドと呼ば
れる赤い色の光を通すフィルターで取得されています。また、Bバンドと呼ばれる青い
フィルターにおいては、13等程度と測定されています。

広島大学かなた望遠鏡においては同晩に分光観測も実施しており、極大光度に到達
する数日前のIa型超新星と同定されています。スペクトルには初期のIa型超新星由来
であるケイ素やカルシウム、酸素といった吸収線が見られています。特に、Ia型超新星
の中でもやや暗いサブグループのものと合致します。また、銀河内に分布する固体微
粒子由来と考えられる吸収線も見られ、強い散乱を受けていると考えられます。この
ため、この超新星は赤い色を示しています。

 先日、板垣公一さんによって発見されたIa型超新星SN 2018gvが12等台に到達する
見込みというニュースが流れたばかりですが、SN 2018pvはそれを上回る明るさです。
残念なことに、銀河の明るいバルジによる影響が大きいため、小口径の望遠鏡では
銀河と超新星の分離が難しいかもしれません。大気の揺らぎが比較的落ち着いている
晩での観察がより良いでしょう。

                             2018年2月10日

参考文献
坪井, TNS #16800
山中, 川端, 中岡, Huang, ATEL #11278

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999-2013 Tsutomu Seki.