Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2017 X1 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2017-12-30 13:51
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1884
オンライン
Comet C/2017 X1 (PANSTARRS)

R. J. Wainscoat, R. WerykとE. Lillyの通報によると、12月12日、Haleakala にある1.8-m Pan-
STARRS1望遠鏡で得た4枚のw-バンドCCD露出から彗星を発見した。
スタック画像では、FWHM(半値全幅)は(近傍の恒星が1".6-2"であるのに対し)2".3であった。
そして、北西(しかし、どのような精度によってでもその長さを測定することは難しい)の方へ、
非常に短い尾の気配がある。
12月13.6日UT、Wainscoat, Werykと C. Wippeは、Mauna Keaにある3.6-m Canada-France-Hawaii 
Telescopeで得た画像を確認した(M. MicheliとWerykが測定)。西北西に約18"の尾が見える。
小惑星センターのNEOCPとPCCP webpageに公表後、E. J. Christensen (Mt Lemmon Station of 
Steward Observatory, 1.0-m 反射望遠鏡)と佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope天文台, 0.51-
m f/6.8 アストログラフ, Siding Spring, 遠隔操作)のCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2017 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Dec. 12.55556   10 02 52.57   -22 47 50.1   20.2
          12.56719   10 02 52.67   -22 47 56.2   20.1
          12.57881   10 02 52.81   -22 48 02.2   20.0
          12.59044   10 02 52.91   -22 48 08.2   19.9

楕円軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2017 X1 (PANSTARRS)
Epoch 2018 June 11.0 TT = JDT 2458280.5
T 2018 June 8.69609 TT                                  MPCW
q   4.6709435            (2000.0)            P               Q
n   0.00583129     Peri.  282.37572     -0.85894830     -0.14407500
a  30.5698148      Node   251.04544     +0.26460751     -0.94643616
e   0.8472041      Incl.   31.30191     -0.43839559     -0.28896537
P 169
From 36 observations 2017 Dec. 12-19, mean residual 0".3.

    C/2017 X1 (PANSTARRS)
Epoch 2017 Sept. 4.0 TT = JDT 2458000.5
T 2018 June 8.48883 TT                                  MPCW
q   4.6712521            (2000.0)            P               Q
n   0.00582829     Peri.  282.34961     -0.85888196     -0.14450142
a  30.5803136      Node   251.04338     +0.26506645     -0.94631055
e   0.8472464      Incl.   31.30168     -0.43824829     -0.28916376
P 169
From 36 observations 2017 Dec. 12-19, mean residual 0".3.

Ephemeris:
    C/2017 X1 (PANSTARRS)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2017 11 19    09 55 08.8 -19 14 33   4.9764  4.8969    79.7    11.5  20.4
...
2017 12 04    10 00 48.6 -21 32 23   4.7530  4.8654    90.7    11.7  20.3
...
2017 12 12    10 02 46.1 -22 43 01   4.6361  4.8495    96.6    11.6  20.2
...
2017 12 18    10 03 42.7 -23 33 50   4.5506  4.8380   101.1    11.5  20.1
2017 12 19    10 03 49.4 -23 42 04   4.5366  4.8361   101.9    11.5  20.1
2017 12 20    10 03 55.3 -23 50 15   4.5226  4.8342   102.6    11.5  20.1
...
2017 12 26    10 04 14.6 -24 37 40   4.4408  4.8232   107.1    11.2  20.1
...
2018 01 03    10 03 56.6 -25 35 50   4.3375  4.8091   113.1    10.8  20.0
...
2018 01 18    10 01 13.6 -27 05 00   4.1666  4.7843   123.8     9.8  19.9

(CBET 4463、MPEC 2017-Y45)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.