Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2017 U5 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2017-12-8 23:53
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1891
オンライン
Comet C/2017 U5 (PANSTARRS)

R. Weryk, R. WainscoatとE. Lilly (ハワイ大学天文学研究所)の通報によると、10月30日、Haleakala
にある1.8-m Pan-STARRS1望遠鏡で得た4枚のw-バンドCCD露出から彗星を発見した。
Werykの注記では、非対称の点拡散関数 (PSF)があり、約4"西の少し北に伸びた短くかすかな尾が
ありそうで、この天体の頭部の半値全幅(FWHM)は1".25 のシーイングで1".5であった。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、W. H. RyanとE. V. Ryan (Magdalena Ridge天文台, 11月
10.3日UT, 2.4-m f/8.9 反射望遠鏡: p.a.約270°に向かって細い尾が見える)や佐藤英貴氏(東京都
文京区, iTelescope天文台,11月11.6日, 60秒露出12枚のスタック, 0.70-m f/6.6 アストログラフ
+輝度フィルター, Siding Spring, 遠隔操作:適度な集光ある8" の核状のコマがあるが尾はない。
4".4の円形範囲で測定したこの彗星のw-バンド全光度は20.2等であった)らCCD位置観測者によって
彗星状と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2017 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Oct. 30.51409    4 22 43.20   - 1 46 32.4   21.3
          30.52673    4 22 43.00   - 1 46 35.6   21.2
          30.53931    4 22 42.79   - 1 46 38.8   21.4
          30.55193    4 22 42.59   - 1 46 41.7   22.1

楕円軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2017 U5 (PANSTARRS)
Epoch 2018 Jan. 2.0 TT = JDT 2458120.5
T 2017 Dec. 18.48075 TT                                 MPCW
q   4.3273923            (2000.0)            P               Q
n   0.01414438     Peri.  262.04774     +0.40425154     -0.90977451
a  16.9335026      Node   163.12754     +0.91352180     +0.39648867
e   0.7444479      Incl.   18.95795     +0.04537200     +0.12291083
P  69.68
>From 69 observations 2017 Oct. 30-Nov. 27, mean residual 0".4.

    C/2017 U5 (PANSTARRS)
Epoch 2087 Oct. 7.0 TT = JDT 2483600.5
T 2087 Sept. 28.72605 TT                                MPCW
q   4.3452933            (2000.0)            P               Q
n   0.01411469     Peri.  262.10340     +0.40626770     -0.90876036
a  16.9572397      Node   162.93229     +0.91265670     +0.39844684
e   0.7437500      Incl.   18.96805     +0.04476952     +0.12407550
P  69.83
>From 69 observations 2017 Oct. 30-Nov. 27, mean residual 0".4.

    C/2017 U5 (PANSTARRS)
Epoch 2017 Sept. 4.0 TT = JDT 2458000.5
T 2017 Dec. 18.52471 TT                                 MPCW
q   4.3273694            (2000.0)            P               Q
n   0.01413200     Peri.  262.05130     +0.40414547     -0.90982336
a  16.9433869      Node   163.13083     +0.91356811     +0.39638408
e   0.7445983      Incl.   18.95821     +0.04538442     +0.12288658
P  69.74
>From 69 observations 2017 Oct. 30-Nov. 27, mean residual 0".4.

Ephemeris:
    C/2017 U5 (PANSTARRS)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2017 11 02    04 22 01.4 -01 56 46   3.4715  4.3401   147.4     7.1  21.1
...
2017 11 17    04 16 41.8 -02 47 56   3.4151  4.3332   155.3     5.5  21.0
...
2017 11 25    04 13 21.9 -03 05 46   3.4098  4.3306   156.1     5.3  21.0
...
2017 12 01    04 10 49.3 -03 14 00   3.4174  4.3292   154.7     5.6  21.0
2017 12 02    04 10 24.1 -03 14 56   3.4196  4.3290   154.3     5.7  21.0
2017 12 03    04 09 59.0 -03 15 44   3.4221  4.3288   153.9     5.8  21.0
...
2017 12 09    04 07 33.2 -03 17 45   3.4425  4.3279   150.6     6.4  21.0
...
2017 12 17    04 04 37.5 -03 13 05   3.4843  4.3274   145.0     7.5  21.1
...
2018 01 01    04 00 42.8 -02 42 41   3.6032  4.3285   132.5     9.6  21.1

(CBET 4458、MPEC 2017-X6)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.