Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2017 T3 (ATLAS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2017-11-3 11:18
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1817
オンライン
Comet C/2017 T3 (ATLAS)

10月14.4日UT、小惑星地球衝突最終警報システム Asteroid Terrestrial-impact Last Alert System 
(ATLAS)調査プログラムのコースに、HaleakalaにあるATLAS 0.5-m f/2.0 Schmidt望遠鏡で得たCCD露
出から外観が小惑星と推定される移動天体が見つかった。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、10月19日、H. Weiland (ハワイ大学)によれば、10月14日に
得た6枚のo-バンドATLAS画像から大きさは恒星の点拡散関数2".3に対して3".3だった。p.a. 310°に
向かって伸びている。佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope天文台,10月18.16日UT, 60秒露出8枚の
スタック, 0.43-m f/6.8 アストログラフ, Mayhill近郊, ニューメキシコ州, 遠隔操作:強い集光の
ある15" のコマがあり、p.a. 155°に向かって60"の尾がある。7".6の円形範囲で測定したこの彗星の
w-バンド全光度は17.7-18.1等であった)らCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2017 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Oct. 14.35217   21 43 31.92   +81 00 46.7   18.3
          14.35446   21 43 31.45   +81 00 45.6   18.4
          14.37036   21 43 29.49   +81 00 33.5   18.5
          14.37219   21 43 29.24   +81 00 32.4   18.7

準放物線軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2017 T3 (ATLAS)
Epoch 2018 July 21.0 TT = JDT 2458320.5
T 2018 July 19.14132 TT                                 MPCW
q   0.8254088            (2000.0)            P               Q
z  +0.0008544      Peri.  246.88755     +0.22843518     -0.59999011
 +/-0.0001770      Node   230.09610     +0.65986119     -0.48361719
e   0.9992948      Incl.   88.10118     -0.71582161     -0.63728038
From 128 observations 2017 Sept. 11-Oct. 27, mean residual 0".5.

    C/2017 T3 (ATLAS)
Epoch 2017 Sept. 4.0 TT = JDT 2458000.5
T 2018 July 19.13396 TT                                 MPCW
q   0.8251446            (2000.0)            P               Q
z  +0.0008464      Peri.  246.89930     +0.22827375     -0.60001506
 +/-0.0001770      Node   230.09872     +0.65978941     -0.48377014
e   0.9993016      Incl.   88.09926     -0.71593927     -0.63714078
From 128 observations 2017 Sept. 11-Oct. 27, mean residual 0".5.

Ephemeris:
    C/2017 T3 (ATLAS)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2017 09 28    22 43 52.5 +83 31 20   3.9378  4.1939    97.9    13.7  19.2
...
2017 10 13    21 46 34.1 +81 16 56   3.6893  4.0332   103.0    13.9  18.9
...
2017 10 21    21 32 54.1 +79 33 32   3.5655  3.9465   105.3    14.1  18.7
...
2017 10 27    21 28 20.6 +78 05 12   3.4777  3.8810   106.6    14.2  18.6
2017 10 28    21 27 57.9 +77 49 42   3.4636  3.8701   106.8    14.2  18.6
2017 10 29    21 27 40.9 +77 34 00   3.4496  3.8591   107.0    14.2  18.6
...
2017 11 04    21 27 46.5 +75 55 40   3.3685  3.7931   107.9    14.4  18.4
...
2017 11 12    21 31 43.0 +73 34 52   3.2691  3.7044   108.5    14.7  18.3
...
2017 11 27    21 46 57.3 +68 47 51   3.1124  3.5360   107.5    15.4  18.0

(CBET 4449、MPEC 2017-U238)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999-2013 Tsutomu Seki.