Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2007 RS41 = P/2017 Q2 (LONEOS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2017-9-1 0:29
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1797
オンライン
Comet P/2007 RS41 = P/2017 Q2 (LONEOS)

E. LillyとR. Weryk (ハワイ大学天文学研究所)の通報によると、8月22.5日UT、Haleakalaにある1.8-m 
Pan-STARRS1望遠鏡で得た4枚のw-バンドCCD画像から彗星を発見した。
この天体は、拡張した外観で、半値全幅(FWHM)はおよそ1".7で比較した隣接する恒星は1".4であった。
また、p.a.260°に向かってかすかに7" 伸びた尾の形跡がある。
G. V. Williams (小惑星センター)は、この彗星は2007年8月にLowell天文台のLONEOSプロジェクトの
コースにJ. J. Sanbornが0.59-m LONEOS Schmidt望遠鏡で得た画像から発見した小惑星仮符号2007 RS41
とつけられた小惑星状天体と同定した。2017年8月22日、小惑星センターのPCCP webpageに掲載された。
M. MicheliとR. J. Wainscoatは、8月23.4日UT、WainscoatとC. Crowderが、Mauna Keaにある3.6-m 
Canada-France-Hawaii Telescopeで得た3枚の60秒フォローアップCCD露出から、この天体は明らかに
彗星状で、p.a. 72°に40"の尾が見え、コマのFWHMは0".7のシーイングで約1".1 であったと記した。

発見位置は次のとおり、

     2017 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Aug. 22.48218    0 05 27.95   - 4 55 09.2   20.6
          22.49337    0 05 27.74   - 4 55 13.4   20.5
          22.50456    0 05 27.54   - 4 55 17.3   20.5
          22.51575    0 05 27.35   - 4 55 21.2   20.6

     2007 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Aug. 21.38769   23 42 13.96   - 6 15 29.5   19.1   Sanborn
          21.40958   23 42 13.39   - 6 15 38.1            "
          21.43145   23 42 12.97   - 6 15 45.7            "
          21.45335   23 42 12.48   - 6 15 53.5            "
     Sept. 9.31974   23 33 51.88   - 8 21 18.7   18.3     "
           9.34255   23 33 51.14   - 8 21 28.2            "
           9.38790   23 33 49.70   - 8 21 47.1            "

連結軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2007 RS41 (LONEOS)
Epoch 2007 Sept. 17.0 TT = JDT 2454360.5
T 2007 Sept. 10.56700 TT                                MPCW
q   3.1112228            (2000.0)            P               Q
n   0.09962082     Peri.  199.89794     +0.98137580     +0.16992475
a   4.6086030      Node   149.87755     -0.14302796     +0.95769915
e   0.3249098      Incl.   10.28403     -0.12823628     +0.23224538
P   9.89
From 41 observations 2007 Aug. 21-2017 Aug. 23, mean residual 0".6.

    P/2007 RS41 (LONEOS)
Epoch 2017 Sept. 4.0 TT = JDT 2458000.5
T 2017 Aug. 19.98807 TT                                 MPCW
q   3.1398379            (2000.0)            P               Q
n   0.09869494     Peri.  200.00868     +0.98147789     +0.16932007
a   4.6373812      Node   149.80306     -0.14237760     +0.95768995
e   0.3229287      Incl.   10.26386     -0.12817866     +0.23272444
P   9.99
From 41 observations 2007 Aug. 21-2017 Aug. 23, mean residual 0".6.

Ephemeris:
    P/2007 RS41 (LONEOS)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2017 07 26    00 06 23.4 -02 56 44   2.4767  3.1429   122.6    15.8  20.4
...
2017 08 10    00 07 34.5 -03 49 36   2.3224  3.1403   136.9    12.7  20.3
...
2017 08 18    00 06 32.0 -04 29 38   2.2564  3.1399   145.0    10.7  20.2
...
2017 08 24    00 05 01.8 -05 04 11   2.2157  3.1399   151.2     8.9  20.2
2017 08 25    00 04 43.4 -05 10 15   2.2097  3.1400   152.3     8.6  20.2
2017 08 26    00 04 24.1 -05 16 25   2.2040  3.1400   153.3     8.3  20.2
...
2017 09 01    00 02 11.1 -05 54 44   2.1748  3.1405   159.6     6.4  20.2
...
2017 09 09    23 58 35.4 -06 48 07   2.1503  3.1418   167.7     3.9  20.1
...
2017 09 24    23 50 48.2 -08 26 05   2.1516  3.1458   170.7     3.0  20.1

(CBET 4424、MPEC 2017-Q116)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999-2013 Tsutomu Seki.