Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2017 P1 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2017-8-18 22:23
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1817
オンライン
Comet P/2017 P1 (PANSTARRS)

E. Lilly, R. Werykと R. J. Wainscoatの通報によると、8月15日、Haleakalaにある1.8-m Pan-STARRS1
望遠鏡で得たCCD露出から別のかすかな彗星が発見された(6月25日まで数夜遡ってWerykが見つけた発見
前のPan-STARRS1イメージがある)。
この天体は、外観は拡張されて、スタックイメージの半値全幅(FWHM)はおよそ1".7で、比較した隣接する
恒星は約0".9-1".3であった。また、南西に10" 伸びているかすかな尾の形跡がある。
p.a.250°に向かってかすかに10" 伸びた尾の形跡がある。
8月16.4日UT、M. MicheliとR. J. Wainscoatが測定したWainscoatとD. Woodworthが、Mauna Keaにある
3.6-m Canada-France-Hawaii Telescope (+ g, rとiフィルター)を使用した3枚の60秒露出では、この天
体は、明らかに彗星で、p.a. 約240°に伸びた約15"の湾曲した尾を表示している。
小惑星センターのNEOCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope天文台,8月16.46-
16.59日UT, 60秒露出12枚のスタック, 0.51-m f/6.8 アストログラフ+輝度フィルター, Siding Spring, 
遠隔操作:強い集光のある8" のコマがあるが尾はない。6".5.の円形範囲で測定したこの彗星のw-バンド
光度は19-19.6等であった)が彗星状と観測した。

発見位置は次のとおり、

     2017 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     June 25.53747   21 18 54.92   - 6 19 52.3   20.9
          25.54948   21 18 54.80   - 6 19 51.9   21.1
          25.56151   21 18 54.65   - 6 19 51.7   21.2
          25.57355   21 18 54.52   - 6 19 51.1   21.2
     July 27.47518   21 09 02.95   - 6 37 57.7   20.8
          27.48754   21 09 02.65   - 6 37 58.9   20.7
     Aug. 12.35958   21 02 26.30   - 7 06 27.0   20.6
          12.37194   21 02 25.99   - 7 06 28.8   20.6
          12.38433   21 02 25.65   - 7 06 30.4   20.4
          12.39675   21 02 25.35   - 7 06 31.5   21.1
          15.40819   21 01 10.48   - 7 12 53.5   20.8
          15.41991   21 01 10.18   - 7 12 54.9   20.8
          15.43164   21 01 09.88   - 7 12 56.4   20.8
          15.44336   21 01 09.59   - 7 12 57.6   20.9

暫定楕円軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2017 P1 (PANSTARRS)
T 2018 June 17.09649 TT                                 MPCW
q   5.4385305            (2000.0)            P               Q
n   0.04469215     Peri.  122.14342     +0.95394907     +0.28658264
a   7.8640918      Node   221.39278     -0.29990139     +0.90492209
e   0.3084350      Incl.    7.70131     -0.00635002     +0.31462106
P  22.05
>From 32 observations 2017 June 25-Aug. 16.

Ephemeris:
    P/2017 P1 (PANSTARRS)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2017 07 18    21 12 41.1 -06 26 23   4.6674  5.6053   155.1     4.4  20.8
...
2017 08 02    21 06 46.9 -06 46 44   4.5942  5.5911   168.1     2.1  20.8
...
2017 08 10    21 03 25.5 -07 01 38   4.5813  5.5838   170.6     1.7  20.8
...
2017 08 16    21 00 55.9 -07 14 09   4.5838  5.5784   168.0     2.2  20.8
2017 08 17    21 00 31.4 -07 16 20   4.5853  5.5775   167.3     2.3  20.8
2017 08 18    21 00 07.1 -07 18 31   4.5870  5.5766   166.6     2.4  20.8
...
2017 08 24    20 57 45.8 -07 32 04   4.6033  5.5713   161.5     3.3  20.8
...
2017 09 01    20 54 55.0 -07 50 38   4.6407  5.5644   153.8     4.6  20.8
...
2017 09 16    20 50 53.1 -08 24 35   4.7548  5.5520   138.9     6.8  20.8

(CBET 4420、MPEC 2017-Q12)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999-2013 Tsutomu Seki.