Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2010 D1 = 2017 O2 (WISE)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2017-8-6 14:30
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1810
オンライン
Comet P/2010 D1 = 2017 O2 (WISE)

E. LillyとR. Weryk (ハワイ大学天文学研究所)の通報によると、7月30日、Haleakalaにある1.8-m Pan-STARRS1
望遠鏡で得た3枚のw-バンドCCD画像から彗星を発見した。
この天体は、拡張した外観で、FWHM(半値全幅)はおよそ1".4で比較した隣接する恒星は1".0であった。また、
p.a.250°に向かってかすかに10" 伸びた尾の形跡がある。
M. Micheliによると、8月1.47日UT、R. J. WainscoatとC. WipperがMauna Keaにある3.6-m Canada-France-
Hawaii Telescopeで得た3枚の60秒露出CCD+gri-フィルターによるフォローアップで、この天体は明らかに
彗星状でp.a. 250°に約10" の尾がある。g-バンド光度は、20.5-20.7等と測定した。
小惑星センターのPCCPwebpageに公表後、J.-F. Soulier (およびA. Maury, J.-B. Vanssay, 0.4-m f/5.4 
Ritchey-Chretien望遠鏡, San Pedro de Atacama, チリ)によると、8月2.35-2.38日UT、9" のコマとp.a. 
260°に11" の尾らしいものが見える。6".3.の円形範囲で測定したr-バンド光度は19.8-19.9等であった。
Maik MeyerとGareth V. Williamsは、この彗星はP/2010 D1(IAUC 9118参照) と同定した。
MPC 89019のWilliamsの予報に対して、Delta(T)は、-1.85 daysであった。またICQ's 2017 Comet Handbook
の中野主一氏の予報に対して、Delta(T)は、-1.64 daysであった。

発見位置は次のとおり、

     2017 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     July 30.54206    0 42 00.18   + 1 58 12.8   21.1
          30.55199    0 42 00.43   + 1 58 12.0   20.9
          30.56192    0 42 00.67   + 1 58 11.4   21.0

連結軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2010 D1 (WISE)
Epoch 2009 June 18.0 TT = JDT 2455000.5
T 2009 June 25.77319 TT                                 MPCW
q   2.6693016            (2000.0)            P               Q
n   0.11674286     Peri.  225.95087     +0.88883400     -0.45493781
a   4.1461897      Node   160.90330     +0.45354410     +0.85636128
e   0.3562037      Incl.    9.64684     +0.06535952     +0.24428864
P   8.44
From 25 observations 2009 Nov. 9-2017 Aug. 3, mean residual 0".4.

    P/2010 D1 (WISE)
Epoch 2018 Jan. 2.0 TT = JDT 2458120.5
T 2017 Dec. 17.19065 TT                                 MPCW
q   2.6898826            (2000.0)            P               Q
n   0.11597423     Peri.  226.18677     +0.88768763     -0.45715157
a   4.1644891      Node   160.81032     +0.45569084     +0.85511646
e   0.3540906      Incl.    9.62944     +0.06600397     +0.24451643
P   8.50
From 25 observations 2009 Nov. 9-2017 Aug. 3, mean residual 0".4.

    P/2010 D1 (WISE)
Epoch 2026 June 9.0 TT = JDT 2461200.5
T 2026 June 12.58406 TT                                 MPCW
q   2.6746375            (2000.0)            P               Q
n   0.11659445     Peri.  226.31589     +0.88713632     -0.45819210
a   4.1497072      Node   160.74750     +0.45675913     +0.85458196
e   0.3554636      Incl.    9.64056     +0.06603220     +0.24443745
P   8.45
From 25 observations 2009 Nov. 9-2017 Aug. 3, mean residual 0".4.

    P/2010 D1 (WISE)
Epoch 2017 Sept. 4.0 TT = JDT 2458000.5
T 2017 Dec. 17.23200 TT                                 MPCW
q   2.6898596            (2000.0)            P               Q
n   0.11598387     Peri.  226.19616     +0.88760209     -0.45731789
a   4.1642582      Node   160.81166     +0.45585097     +0.85503282
e   0.3540603      Incl.    9.62973     +0.06604871     +0.24449790
P   8.50
From 25 observations 2009 Nov. 9-2017 Aug. 3, mean residual 0".4.

Ephemeris:
    P/2010 D1 (WISE)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2017 07 04    00 24 22.2 +01 38 31   2.5914  2.8768    95.7    20.6  20.7
...
2017 07 19    00 35 40.1 +02 01 36   2.3738  2.8463   107.3    19.9  20.4
...
2017 07 27    00 40 18.1 +02 01 23   2.2635  2.8310   113.9    19.2  20.3
...
2017 08 02    00 43 02.9 +01 54 54   2.1847  2.8200   119.0    18.3  20.2
2017 08 03    00 43 26.5 +01 53 17   2.1719  2.8182   119.9    18.2  20.2
2017 08 04    00 43 49.0 +01 51 30   2.1593  2.8164   120.7    18.0  20.2
...
2017 08 10    00 45 39.9 +01 37 27   2.0859  2.8058   126.1    17.0  20.1
...
2017 08 18    00 47 00.8 +01 09 43   1.9960  2.7924   133.6    15.2  20.0
...
2017 09 02    00 45 59.7 -00 08 53   1.8574  2.7693   148.7    10.9  19.8

(CBET 4416、MPEC 2017-P09)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999-2013 Tsutomu Seki.