Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2017 K3 (Gasparovic)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2017-6-10 12:21
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1792
オンライン
Comet P/2017 K3 (Gasparovic)

Goran Gasparovic (Zagreb、クロアチア)通報によると、5月22日、Y. Chenと彼がSiding Springに
あるiTelescope 0.50-m f/6.8 反射望遠鏡で得たCCD画像からかすかなコマのある彗星を発見した。
2夜後、Siding Springの iTelescope 0.43-m f/6.8 反射望遠鏡で確認した。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、M. Kusiak (Zywiec、ポーランド) の通報では、M. Gedek、
M. Zolnowski、R. Reszelewskiと彼が5月21.1日UTに、San Pedro de Atacama (チリ)にあるPolonia
天文台の0.25-m f/3.6 反射望遠鏡で得た発見前の観測では、この天体は、3".5のシーイングで少し
拡散した8"のコマがあり、全光度は18.7-19.6等であった。他に佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope
天文台,5月26.5日UT, 0.51-m f/6.8 アストログラフ, Siding Spring, 遠隔操作:強い集光のある10"
のコマとp.a. 300°に向かって10"伸びた尾の気配がある。6".6.の円形範囲で測定したこの彗星のw-
バンド光度は18.3等であった)らが彗星状と観測した。

発見位置は次のとおり、

     2017 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     May  22.59653   16 13 48.51   -28 23 37.6   19.4   Gasparovic
          22.61352   16 13 47.98   -28 23 36.6            "
          22.62973   16 13 47.45   -28 23 37.0   19.4     "
          24.46693   16 12 46.69   -28 23 31.2   19.5     "
          24.48019   16 12 46.24   -28 23 30.8   19.7     "
          24.49356   16 12 45.66   -28 23 31.5   19.8     "

暫定楕円軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2017 K3 (Gasparovic)
Epoch 2017 June 16.0 TT = JDT 2457920.5
T 2017 June 2.87420 TT                                  MPCW
q   2.3153551            (2000.0)            P               Q
n   0.07678569     Peri.  254.48229     -0.36802116     +0.92978425
a   5.4821282      Node   353.90681     -0.82222341     -0.32936769
e   0.5776540      Incl.    4.24286     -0.43417634     -0.16437204
P  12.84
From 67 observations 2017 May 21-June 1, mean residual 0".6.

    P/2017 K3 (Gasparovic)
Epoch 2030 Apr. 9.0 TT = JDT 2462600.5
T 2030 Apr. 3.59435 TT                                  MPCW
q   2.3413939            (2000.0)            P               Q
n   0.07580633     Peri.  254.21655     -0.37745303     +0.92599207
a   5.5292438      Node   353.58931     -0.81886257     -0.33791381
e   0.5765436      Incl.    4.23239     -0.43242721     -0.16838334
P  13.00
From 67 observations 2017 May 21-June 1, mean residual 0".6.

    P/2017 K3 (Gasparovic)
Epoch 2017 Sept. 4.0 TT = JDT 2458000.5
T 2017 June 2.87484 TT                                  MPCW
q   2.3153632            (2000.0)            P               Q
n   0.07681436     Peri.  254.48511     -0.36800737     +0.92978969
a   5.4807639      Node   353.90483     -0.82222794     -0.32935663
e   0.5775474      Incl.    4.24286     -0.43417944     -0.16436344
P  12.83
From 67 observations 2017 May 21-June 1, mean residual 0".6.

Ephemeris:
    P/2017 K3 (Gasparovic)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2017 05 02    16 22 30.8 -28 00 00   1.3913  2.3315   152.4    11.6  18.9
...
2017 05 17    16 16 46.3 -28 21 40   1.3238  2.3199   166.8     5.7  18.8
...
2017 05 25    16 12 28.6 -28 23 27   1.3088  2.3166   172.4     3.3  18.7
...
2017 05 31    16 09 08.2 -28 20 33   1.3075  2.3155   171.8     3.6  18.7
2017 06 01    16 08 35.6 -28 19 45   1.3081  2.3154   171.2     3.8  18.7
2017 06 02    16 08 03.3 -28 18 53   1.3089  2.3154   170.6     4.1  18.7
...
2017 06 08    16 05 02.0 -28 12 09   1.3189  2.3158   165.6     6.3  18.7
...
2017 06 16    16 01 49.2 -28 00 16   1.3448  2.3181   158.0     9.4  18.8
...
2017 07 01    15 59 35.9 -27 35 25   1.4294  2.3279   143.7    15.0  18.9

(CBET 4396、MPEC 2017-L03)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999-2013 Tsutomu Seki.