Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2017 G2 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2017-5-10 21:05
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1792
オンライン
Comet P/2017 G2 (PANSTARRS)

R. Weryk (ハワイ大学天文学研究所)の通報によると、4月3.4日UT、Haleakalaにある1.8-m Pan-STARRS1
望遠鏡で得たスタック画像から、南西に伸びた大変短い尾らしいものが見られた。
半値全幅(FWHM)は1".3、(比較した隣接する恒星は1".1)であった。
また、3月18日の発見前の観測もあった。
R. Wainscoat, M. MicheliとR. Weryk が、4月4.3日UT、Mauna Keaにある3.6-m Canada-France-Hawaii 
Telescope (CFHT)で得た3枚の60秒gri-フィルター露出では、南西に短い尾があり彗星状であることを確認
した。Wainscoatの追加報告では、4月20日、CFHTで得た3枚の60秒のw−フィルター露出は、p.a. およそ
210°におよそ3"伸びた低表面輝度の尾があり、拡張したコアはFHWMが 0".85で、比較した隣接する恒星の
FWHMは0".65であった。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope天文台,0.51-m f/6.8 アス
トログラフ+輝度フィルター, Mayhill近郊, ニューメキシコ州、遠隔操作)によると4月16.19
日, 60秒露出16枚のスタックで、この天体は強い集光の8"のコマがあるが尾はない。4".9の円形範囲で測定し
たこの彗星のw-バンド光度は20.3等であった。

発見位置は次のとおり、

     2017 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Mar. 18.54589   13 09 19.63   +67 53 26.1   20.5
          18.55753   13 09 18.77   +67 53 26.7   20.6
     Apr.  3.41036   12 50 00.31   +67 22 10.5   20.4
           3.42330   12 49 59.33   +67 22 06.3   20.2
           3.43628   12 49 58.33   +67 22 02.3   20.4
           3.44924   12 49 57.30   +67 21 58.2   20.3

楕円軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2017 G2 (PANSTARRS)
Epoch 2017 June 16.0 TT = JDT 2457920.5
T 2017 June 13.96391 TT                                 MPCW
q   2.8460042            (2000.0)            P               Q
n   0.04243081     Peri.  105.95692     -0.68297476     +0.01140442
a   8.1410769      Node    79.81688     -0.42750442     -0.81698187
e   0.6504143      Incl.   47.90563     +0.59227143     -0.57655057
P  23.23
From 63 observations 2017 Mar. 18-Apr. 19, mean residual 0".4.

    P/2017 G2 (PANSTARRS)
Epoch 2040 Mar. 27.0 TT = JDT 2466240.5
T 2040 Mar. 21.79933 TT                                 MPCW
q   2.8366623            (2000.0)            P               Q
n   0.04254121     Peri.  104.85413     -0.68339931     -0.00289405
a   8.1269861      Node    79.74713     -0.41085101     -0.82507894
e   0.6509576      Incl.   47.89229     +0.60346237     -0.56501006
P  23.17
From 63 observations 2017 Mar. 18-Apr. 19, mean residual 0".4.

    P/2017 G2 (PANSTARRS)
Epoch 2017 Feb. 16.0 TT = JDT 2457800.5
T 2017 June 13.94750 TT                                 MPCW
q   2.8460386            (2000.0)            P               Q
n   0.04245142     Peri.  105.94934     -0.68296885     +0.01137891
a   8.1384408      Node    79.82063     -0.42743583     -0.81703816
e   0.6502968      Incl.   47.90540     +0.59232775     -0.57647130
P  23.22
From 63 observations 2017 Mar. 18-Apr. 19, mean residual 0".4.

Ephemeris:
    P/2017 G2 (PANSTARRS)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2017 03 22    13 05 20.6 +67 55 13   2.4227  2.9280   110.8    18.6  19.6
...
2017 04 06    12 46 53.2 +67 07 19   2.4544  2.9017   106.5    19.3  19.6
...
2017 04 14    12 38 05.3 +66 04 54   2.4778  2.8897   104.0    19.7  19.6
...
2017 04 20    12 32 38.4 +65 02 30   2.4981  2.8816   102.1    19.9  19.6
2017 04 21    12 31 50.7 +64 50 53   2.5016  2.8803   101.8    20.0  19.6
2017 04 22    12 31 05.1 +64 38 56   2.5053  2.8791   101.5    20.0  19.6
...
2017 04 28    12 27 16.3 +63 20 29   2.5285  2.8720    99.5    20.2  19.6
...
2017 05 06    12 24 13.3 +61 19 38   2.5628  2.8640    96.9    20.5  19.6
...
2017 05 21    12 24 18.0 +56 52 53   2.6369  2.8528    91.7    20.8  19.7

(CBET 4385、MPEC 2017-H41)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999-2013 Tsutomu Seki.