Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2017 D5 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2017-4-20 2:56
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1817
オンライン
Comet C/2017 D5 (PANSTARRS)

R. J. Wainscoat、M. MicheliとR. Werykの通報によると、2月23日、Haleakalaにある1.8-m Pan-STARRS1
望遠鏡で得た画像に彗星を発見した。2月10日に得た発見前の画像も確認された。
このグループが、2月24日、Mauna Keaにある3.6-m Canada-France-Hawaii Telescope (CFHT)を使用し、
90秒のw-バンド露出3枚を得た。暗く点のような核集光が見え、幅広く、各イメージは東に伸びるおよそ
5"の低表面輝度の尾がある。
WainscoatとD. Woodworthは、2月27.4日UT、雲の切れ間からCFHTで90秒露出24枚を得た。
4つの明確な露出が東北東に非常にかすかな尾の存在を示唆した。
WainscoatとL. Wellsは、さらに、3月31.3日、CFHTで得た3枚の120秒gri−フィルター露出は、弱いが、
明確な彗星活動が存在し、核集光の東側に伸びるかすかな尾の形が確認した。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope天文台,2月24.6日UT, 
0.51-m f/6.8 アストログラフ+輝度フィルター, Siding Spring, 遠隔操作:5"のコマがあるが尾はない。
コマの半値全幅(FWHM)は4".5、(比較した隣接する恒星は3".5)であった。4".9の円形範囲で測定したこの
彗星のw-バンド光度は20.6等であった)らCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2017 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Feb. 10.32475    7 47 14.01   -44 18 57.4
          10.34076    7 47 09.19   -44 18 11.7   21.3
          10.34875    7 47 06.81   -44 17 48.7
          23.23900    6 56 45.20   -32 53 36.0   20.4
          23.25836    6 56 41.71   -32 52 32.3   20.6
          23.26803    6 56 39.98   -32 52 00.2   20.6

逆行の楕円軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2017 D5 (PANSTARRS)
Epoch 2017 Jan. 7.0 TT = JDT 2457760.5
T 2017 Jan. 8.85932 TT                                  MPCW
q   2.1671853            (2000.0)            P               Q
z  +0.0088380      Peri.  287.81866     -0.63889379     +0.15551095
 +/-0.0000539      Node    92.71993     +0.53885951     +0.78942338
e   0.9808465      Incl.  131.03901     -0.54904022     +0.59382410
From 71 observations 2017 Feb. 10-Mar. 31, mean residual 0".4.

    C/2017 D5 (PANSTARRS)
Epoch 2017 Feb. 16.0 TT = JDT 2457800.5
T 2017 Jan. 8.86201 TT                                  MPCW
q   2.1671888            (2000.0)            P               Q
z  +0.0088537      Peri.  287.82024     -0.63888980     +0.15551918
 +/-0.0000539      Node    92.72045     +0.53887689     +0.78940948
e   0.9808123      Incl.  131.03884     -0.54902780     +0.59384043
From 71 observations 2017 Feb. 10-Mar. 31, mean residual 0".4.

Ephemeris:
    C/2017 D5 (PANSTARRS)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2017 03 03    06 37 16.3 -25 51 39   1.7188  2.2522   109.5    24.5  20.7
...
2017 03 18    06 15 33.8 -14 01 59   1.9793  2.3047    95.9    25.4  21.1
...
2017 03 26    06 09 49.0 -08 56 21   2.1494  2.3372    88.0    25.2  21.3
...
2017 04 01    06 07 20.4 -05 38 24   2.2849  2.3635    82.0    24.8  21.5
2017 04 02    06 07 03.3 -05 07 48   2.3080  2.3680    81.0    24.6  21.6
2017 04 03    06 06 48.1 -04 37 50   2.3310  2.3726    80.1    24.5  21.6
...
2017 04 09    06 05 54.2 -01 50 51   2.4708  2.4009    74.3    23.7  21.8
...
2017 04 17    06 06 06.3 +01 21 36   2.6577  2.4410    66.7    22.2  22.0
...
2017 05 02    06 09 36.9 +06 09 16   2.9969  2.5224    53.0    18.6  22.4

(CBET 4378、MPEC 2017-G04)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999-2013 Tsutomu Seki.