Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2018 U1 (Lemmon)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2018-11-26 21:37
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1928
オンライン
Comet C/2018 U1 (Lemmon)

10月27日UT、R. A. KowalskiがMt Lemmonサーベイの1.5-m 反射望遠鏡で得た画像から小惑星状
天体が見つかった。他のCCD位置観測者によって彗星状であることが報告され後、彗星に似た軌
道の結果小惑星センターのPCCP webpageに掲載された。
W. R. Ryanと E. V. Ryan (Magdalena Ridge天文台, 2.4-m 反射望遠鏡, Socorro近郊, ニュー
メキシコ州, 10月27.24-27.28日UT, イメージは「かすかな彗星状の外観」で、11月19.1日の
フォローアップ観測では、p.a. 35°にコマか尾が少し伸びて見える)や佐藤英貴氏(東京都文京
区, iTelescope天文台,10月29.1日, 60秒露出14枚のスタック, 0.43-m f/6.8 アストログラフ, 
Mayhill近郊, ニューメキシコ州, 遠隔操作:頭部は恒星状だがp.a. 270°に向かって5"の尾の
気配がある。5".7の円形範囲で測定した全光度は19.9等であった)らCCD観測者によって彗星状と
観測された。

発見位置は次のとおり、

     2018 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Oct. 27.18558   19 15 18.62   +52 24 47.3   20.0   Kowalski
          27.19084   19 15 18.60   +52 24 45.0   20.0     "
          27.19612   19 15 18.62   +52 24 42.0   20.0     "
          27.24030   19 15 18.84   +52 24 21.2   20.2     "
          27.24584   19 15 18.94   +52 24 18.7   19.9     "
          27.25232   19 15 18.89   +52 24 15.4   20.6     "
          27.25850   19 15 18.82   +52 24 12.5   20.8     "

暫定双曲線軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2018 U1 (Lemmon)
Epoch 2021 Nov. 2.0 TT = JDT 2459520.5
T 2021 Nov. 1.48545 TT                                  MPCW
q   4.9816788            (2000.0)            P               Q
z  -0.0008175      Peri.  180.53303     -0.25342214     -0.30159966
 +/-0.0004017      Node    75.48666     -0.88398118     +0.45809539
e   1.0040723      Incl.  108.29822     -0.39287975     -0.83617358
From 159 observations 2018 Oct. 27-Nov. 20, mean residual 0".4.

    C/2018 U1 (Lemmon)
Epoch 2019 Apr. 27.0 TT = JDT 2458600.5
T 2021 Nov. 1.05898 TT                                  MPCW
q   4.9861010            (2000.0)            P               Q
z  -0.0006058      Peri.  180.43488     -0.25292954     -0.30206767
 +/-0.0004017      Node    75.48523     -0.88475883     +0.45659098
e   1.0030207      Incl.  108.30049     -0.39144408     -0.83682722
From 159 observations 2018 Oct. 27-Nov. 20, mean residual 0".4.

Ephemeris:
    C/2018 U1 (Lemmon)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2018 10 21    19 15 11.7 +53 13 25   9.2344  9.3659    94.5     6.1  19.5
...
2018 11 05    19 16 12.8 +51 17 46   9.2360  9.2842    89.7     6.1  19.5
...
2018 11 13    19 17 42.4 +50 20 10   9.2409  9.2407    86.9     6.1  19.5
...
2018 11 19    19 19 11.8 +49 39 28   9.2455  9.2081    84.8     6.1  19.5
2018 11 20    19 19 28.3 +49 32 56   9.2463  9.2026    84.4     6.1  19.5
2018 11 21    19 19 45.4 +49 26 27   9.2472  9.1972    84.0     6.1  19.5
...
2018 11 27    19 21 36.5 +48 49 06   9.2521  9.1646    81.9     6.1  19.5
...
2018 12 05    19 24 26.4 +48 03 37   9.2580  9.1211    79.0     6.1  19.4
...
2018 12 20    19 30 37.0 +46 53 11   9.2635  9.0396    73.9     6.0  19.4

(CBET 4574、MPEC 2018-W42)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.